シミ対策は化粧水でパックしています

最近になってシミが目立つようになってきました。20代後半くらいからシミが多く出てくるようになると言われていますがまさにその通りです。シミがどんどんでてきて、化粧をするたびにすごく嫌な気持ちになります。育児に追われていて、エストはおろかレーザーなどは絶対にできないので、自宅で出来るシミ対策を行っています。
シミ1

シミに効くとされている化粧水をコットンにたっぷりと染み込ませて、それをシミがある部分においてパックします。

これなら両手が開くので家事や育児にも影響は出ません。それがこのシミ対策の多大なるメリットです。しっとり肌を潤わせることができるし、シミ対策もできるし両手が開くので煩わしくないし最高です。私はこれをほぼ毎日行っています。お風呂上りに化粧水をつけるタイミングで行うので時間もかからないし一瞬です。ぱぱっと貼り付けるだけなので用事がたくさんあってもすぐできます。乾燥は肌に良くないのでしっとりさせることもシミ対策の絶大なる効果であるのでおススメです。

 

シミ部分にはもちろんのこと、今後シミができない肌にするためにも化粧水は必須です。

時間があるときは部分的にするのではなく、全体的にコットンに染み込ませたものを貼っています。そのまま寝てしまうときもあるのですが、寝る前のちょっとした時間にごろごろしながらパックしておくことでシミができにくい肌を目指すことができます。どうしても年齢的にシミはできやすくなるので、今まで通り生活していると危険なため、簡単だけどしっかりと対策出来るこの方法はすごく良いです。

 

シミがあるだけで老けて見えるし、化粧品で隠せなくなってきますよね。出来てしまっても薄かったら化粧品でカバーすることはできます。素肌をしっかりと化粧水で保湿してあげる、パックしてあげることで若々しい肌を目指して行きましよう。

 

シミケアにはキミエホワイトは結構効果的だと個人的には思っています!!
ロスミンローヤルと迷ったんですが キミエホワイトのほうが販売ページや会社も信用できそうだったので・・・

 

 

2017/02/15 13:56:15 |
ここ最近すごくシミが目立ってきてしまいました。すごくストレスでこれ以上シミを増やさないための方法を考えました。ストレスにならないような無理せずできるシミ対策とは食事での対策だと思います。化粧水やサプリメントは抵抗があっても自分が作る食事なら安心だし美味しく出来るので良いですよね。シミ対策の料理には、肌に良い肌を再生させてくれる効果のある食材を取り入れることから始まります。とくにビタミンCは誰しもが知っている肌に良い栄養素ですのでしっかりと取り入れていきます。良く聞くのがビタミンCといえばレモンですよね。レモンは白湯に入れて飲んだり、から揚げやいろんな食べ物に振り掛けて食べています。すっきりとし...
2017/02/15 13:56:15 |
子供と公園で遊ぶことが多いせいか、年齢とともにすっかりシミが増えてしまって、化粧をするたびに自分の顔のシミが気になってしまいます。何とかしたい、でもレーザーや医療に頼るお金もないし、高額な美白クリームなどの美白ケア商品を買うお金もないし…でもシミは何とかしたいし、何か良い方法はないかな?と自分なりに色々と調べたり考えたりしたうえで、今実際に私が実践しているお金をかけずに行うシミ対策についてご紹介します。まずできてしまったシミはすぐには消えませんので、日々の地道なケアで少し薄くなれば儲けもの、くらいの気持ちでケアに取り組みましょう。まず順序としては、お肌の皮膚のターンオーバーを促すためにスクラブ...
2017/02/15 13:55:15 |
シミは、紫外線を浴びることで出来てしまうものなので、私のシミ対策は、一年中、外出する時は、化粧下地とファンデーションを顔の隅から隅まで念入りに塗る事です。特に、下地は、チューブに入った半液体状のものを利用していますので、のびが良く、顔の隅々まで、2度塗りして外部からの紫外線を完全にシャットアウトしています。そして、外出の時に気をつけている事は、夏以外の季節でも、なるべくUVカットの折りたたみ傘を使って、顔や首に紫外線が当らないように気をつけています。また、お肌のお手入れ方法では、乾燥すると、シミが出来やすいので、保湿に気を遣っています。以前は、保湿の為に、化粧水や乳液、美容液などをたっぷり塗っ...
2017/02/15 13:53:15 |
大きなシミの2つばかりありましたし、少しずつそれが大きくなるように感じました。最初のうちは皮膚の新陳代謝を良くすれば、シミが剥がれ落ちるのではないかと思いピーリングのような作業を繰り返していたのですが、全くシミに変化があるわけでもありませんでしたから、別の方法を考えようと思うようにもなりました。一般的な化粧品もすべて美白に関係あるものばかりを選んでいます。中でもビタミンCはとても大切だと思いましたから、配合量の多いものを重点的にシミに塗布しています。特に美白用品というのは急激に効果があるものなわけではありませんが、少しずつ浸透させることによりシミそのものが薄くなったり量が少なくなる作用もありま...
2017/02/15 13:52:15 |
肌のシミが気になり始めたのは30代に突入してからです。子供の頃から夏は体を焼くのが当たり前という時代に育ちましたから、夏になると小麦色になるまで肌を焼いていました。そんな生活を大学卒業するくらいまでやっていましたから、年々、シミの数は増えていくばかりです。日焼け止めなどをちゃんと使い始めたのもここ数年くらいで、ファンデーションや下地のUVカット効果のみに頼っていました。そんな紫外線対策を行ってこなかったツケが回ってきて、顔にはシミがポツポツと目立っています。まずは紫外線の強くなる季節にはしっかりと日焼け止めを塗って、紫外線対策をするようにしています。そして、シミを少しでも薄くしようと、スポッツ...
2017/02/15 13:49:15 |
1人めの子供を妊娠中に、目の下にちょっと目立つシミができてしまいました。よく妊娠中や産後はシミができやすくなったり濃くなりなすいとは聞いていたのですが、出産すればそのうち消えるだろうと思っていたのに産後一年経っても二年経っても消えず、目立つ場所なだけにかなりショック。毎朝化粧をするたび落ち込んでしまい、一度出来てしまったシミは消すのは難しいんだと、ちゃんとケアしなかった後悔とともに実感しました。それからは、シミの改善よりもとにかく予防をしなくてはと思い、毎朝必ず洗顔後に日焼け止めを塗るようにしました。夏でも冬でも、特段出かける予定がない日でもです。公園に遊びに行ったりしなくても、子供の保育園の...
2017/02/15 13:48:15 |
しっかりと日焼け止めを塗っているはずなのに、いつの間にかできているもやもやとした茶色いシミ。本当に嫌ですね。シミ対策として、様々な方法がありますが、一番皆さんが取り組まれていることとして多いのが、美白効果のあるホワイトニング化粧品を使用することではないでしょうか。シミにはハイドロキノン!しかし、巷で販売されているホワイトニング化粧品の多くは、「これからシミやソバカスができるのを防ぐ」効果はあるのですが、「すでにできてしまったシミやソバカスを薄くしたり消す」という効果はないのです。化粧品のパッケージの裏面や、インターネットの商品紹介ページにも小さく記載されているので気づかないかもしれません。今ま...
2017/02/15 13:47:15 |
年齢を重ねていくと、シミが出てきます。知り合いの60代女性は、シミがなくツルツルのお肌の持ち主でした。彼女が、どのようにシミもなく、ツルツルのお肌を維持していたのか気になったので観察していると、ある飲み物を効果的に摂取していることがわかりました。その飲み物は、トマトジュースや、アセロラジュースなど、ビタミンが豊富に含まれていそうなジュースばかりです。そのジュースを朝に摂取するのではなく、2時や3時頃のちょうどオヤツの時間帯にジュースを飲んでいました。レモンなどのビタミンCもシミなどに効果的だと聞くことがありますが、レモンなどの柑橘類は朝に摂取してしまうと、逆にメラニンが生成されてしまうという話...
2017/02/15 13:46:15 |
シミが出来ないようにするには乾燥を防ぐことが大切だと思っています。私は乾燥肌なので乾燥対策を徹底的におこないシミ対策をしています。私がどれだけ乾燥肌かというと、特に冬がひどいのですが、朝起きたら肌に成分がほとんどありません。手で顔のお肌を触ってもべたっという感じはいっさいなくカサカサしています。そして、昼間乾燥した部屋にいると顔がピリピリしてきます。そして、最悪、何もしていないのに顔が切れてしまうこともあります。また、私は子持ちの主婦なので化粧品にそこまでお金をかけることは出来ません。化粧品の値段が高ければそれだけ保湿力が高い化粧品を使えるのかもしれませんが、そういうわけにはいかないので最低限...
2017/02/15 13:46:15 |
私のシミ対策のオリジナル法は、1日中、絶対に紫外線にお肌が晒されないようにするという方法です。朝起きたら、カーテンを開ける前に、すぐに日焼け止めクリームを塗ります。洗顔やスキンケアはどうしているのかと思われると思いますが、洗面所で実際に顔を洗うと、とても時間がかかりますので、私の場合、拭き取り化粧水で洗顔をしております。もうアラフォー世代ですので、それほど余分な皮脂などもなく、拭き取り化粧水が調度良いということもあります。スキンケアは、その拭き取り化粧水でも潤いはある程度与えられていますが、出来れば、その後に使う日焼け止めクリームも、保湿力の高いもの(後はウォータープルーフのものなど)ですと、...